一軒家の売却をいたしました

MENU

一軒家の売却をいたしました

新興住宅地の建売を購入したのですが、勤務先の転勤が決まったこともあって売却することとなりました。築4年の一軒家という新しい物件です。できるだけ高額で売りたいのは言うまでもありません。とはいえ、転勤先での住居購入のこともありますので、あまり時間をかけられないのも事実です。

 

また駅からも遠く、子供の声がうるさいという難点を持っているのです。家の郵便受けにチラシがよく入っている大手不動産会社のこともちらっと頭に浮かびました。しかし、あまりに大手であれば一個人の事情を斟酌してくれないだろうとも思ったのです。そこで、ネットで出ている一括査定に申し込んで、その中から有利に動けそうな業者を選ぶことにしました。

 

やり方は簡単でした。ネットで求められている項目を幾つか埋めていくだけで、あっという間に終わったのです。1時間もしないうちに、メールが飛び込んできました。一軒家の概算査定額が記されているのです。その中からピックアップして上位3社に正式の査定をお願いしました。

 

その際は担当者とも顔を合わせて誠実に仕事をやってくれるかどうかの確認をしたのは当然です。正式査定額は実際のところ、3社ともほぼ横一列でしたが、知識も経験も豊富そうな担当者のいる会社に売却を依頼することにしたのです。

 

一軒家の売却といくつかの業者

私は今から数年前、所有していた一軒家を売却する事にしました。私はそこに住む予定が無いので、毎年払っている税金が勿体ないと思ったからです。誰かに貸す事も検討しましたが、結局定期的に整備しなければならないし、管理も必要です。様々な事を考えると私の場合は所有しているよりも手放す方が良いと思い、売却する事にしたのです。

 

最初にその一軒家の売却を相談したのは地元の不動産会社でした。多くの物件を扱っているので良さそうだと思ったのですが、jっ際に査定してもらうと思った程高くありません。理由は簡単でした。まず一つはその家自体が古かった事、そしてもう一つはその場所の地価が私が知っていた額よりももっと安くなっていた事です。

 

その為、想像していた額よりもかなり低い査定額でした。そこでネットで調べて別の業者にも査定を受け、結局最も査定額の高い所に売却する事にしました。

 

一軒家の売却はその時が初めてだったのですが、利用した業者の担当の方はとても親切で、色々と教えてくれました。書類とかの準備も簡単に出来、売却自体は思ったよりもスムーズに進みました。もう毎年税金を払う必要もないし、管理も必要ありません。私としてはあのタイミングで売却して良かったと思っています。