MENU

学生でもカードローンの申し込みは可能?

二十歳以上で安定した収入がある方は問題はありません。ここでいう安定した収入というのは、アルバイトでも毎月定期的に銀行口座位に入っていることを指します。ただし学生の場合は、カードローン契約ができたとしても初期は5〜10万円の少額の利用限度額に設定されることがほとんどです。

 

アルバイト先の勤務年数が短かったり、安定した収入も多くはない事が理由としてあげられます。支払い実績を暫く積むことができれば、限度額は少しづつ上がっていきます。カードローン会社は全国に2000社ほどあると言われています。東京などの都会ではカードローン会社が大小合わせて400社以上あると言われていますが、注意することはやはり金利であったり、しっかりとした管理体制を持っているかということです。

 

小さくともしっかりとした会社はありますが、事前に調べてから契約することをおすすめします。最低限、日本賃金協会などの名簿に名前が載っていないか注意しましょう。やはり、おすすめできるのはCMなどで流れている知名度の高いカードローン会社です。CM放送しているくらいなので、きっちり法律に沿った運営をしています。

 

カードローン会社によっては無担保、無保証人で借入できる会社も多数あります。無担保、保証人なしで借入できるカードローン会社のメリットとして、即日融資可能な点、仮に返済ができなくなった場合でも自身の財産(持ち家、車)などを失うことがないことが挙げられます。また、担保や保証人が必要な会社よりも、金利が少し高いことが特徴です。

 

残念ですが、ギャンブルなどの使用目的ではカードローンの審査に通ることはありません。 そのほかにも他社の借金の返済などの利用目的でも、今現在支払いできなくて困っていると見なされ、審査に落とされる可能性が高くなります。契約時の使用目的の理由で比較的多いのが、冠婚葬祭用の費用です。